ご相談のご予約はこちら

  • フォームからのお問合せ
  • 電話でのお問合せ
  • ご相談の流れ

横浜ユーリス法律事務所

まずはフォームやお電話でお気軽にお問合せ下さい。 TEL:045-651-6635 受付時間 9:00~17:30

アクセスマップ

取扱業務について

紛争予防

労働紛争とは、個々の労働者と、事業主との間での紛争を指します。近年組織形態や雇用形態の多角化に伴い、トラブルの数も増えてきています。裁判になった場合、訴えられた会社は9割以上の確率で敗訴しており、早めに弁護士に相談しておけばよかったと後悔される経営者が後を立ちません。

労働紛争における具体的な事例は多岐にわたります。職場での人間関係や、勤務態度のような手をつけづらいものから、団体交渉の開催要求や、解雇無効の訴えのような、明らかに専門知識が必要なものまで、多様なトラブル発生源があります。何とかなりそうな件を放置した結果、取り返しのつかない深刻な対立に発展する場合も多いです。

早期に専門家を交えて事業主、従業員で話をすることで、感情的にならずにスムーズに話が進むことも多いので、早めのご相談をおすすめしております。

これらのトラブルは、経営者側から見たときに我慢できないような態度の従業員との間で起こることが多くなっています。事業主が安易に減給や解雇をした結果、紛争が表面化・複雑化して時間的、金銭的な負担が増えてしまう場合が目立っています。事態が深刻化する前に弁護士を交えて話すことで、感情的にならずにスムーズに解決に向かうことも多いです。話がこじれる前にご相談いただけば、より良い形での和解を実現する事が出来ます

労働紛争では、会社の言う通りなのか、従業員の言う通りなのか、すぐに判断できない場合があります。そういった場合に重要になってくるのが、会社の就業規則に何が書いてあるかということです。同様のトラブルでも、就業規則に書かれた内容により、結果が逆になる場合もあります。就業規則と紛争の事実関係をつき合わせていく過程で、高度の専門性が要求されるため、弁護士へのご相談をお勧めしております。